レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



レーシックの前には適性検査ブログ:181016

減量って、
どうしてもツライというイメージが伴いますよね?

大好きなおやつも我慢したり、
きつい体操をしなくちゃならないとか…

だからできるだけ早く
減量をクリアしたいと思ってしまいがち。

しかし、俺たちの体って
なかなか言うことを聞かないもの…

特に女性の場合には、1ヶ月に一回の特定の
時期にはやせにくくなるみたいです。

生理の前後というのは、
脂肪を溜め込もうという傾向が強くなりますし、
代謝の力も悪くなってしまいます。

つまり、太りやすくやせにくい体になっているんですね。

減量をしようというのに、
なぜこのような事態が…と嘆きたくなる気持ちもわかります。
しかしこればっかりは、どうにもならないことなんです。

大体生理の一週間前から、
やせにくい時期に突入するといわれていますので、
減量を頑張っているのに、
体重が落ちなくなったとしても
あわてる必要はありません。

「例の時期がやってきたんだな」
というくらいの軽い気持ちでいることが肝心!

そして、
減量中のプログラムを
変えてはいけません。

生理の期間を過ぎれば、
再びもとの状態に戻ります。

体重が落ちないからといって、
あせって過激な減量に
挑戦するのはやめましょう。

体重が落ちないというのは確かに
減量をしている人にとっては、
大きなプレッシャーとなります。

もしかすると、俺が悪いのでは?
と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、
もし体重が落ちない時期が、生理とリンクしているのなら、
別に心配する必要はないのです。

減量はすんなりと
成功するものではありません。

山あり谷ありで、挫折することなく
続けることが一番重要なのです。


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう