矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:190821

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはくちをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
ママが作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
お子様は食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って日々食べるものですからね。

でも
お子様には
何が何でもママの手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、ママの手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
1ヶ月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りのお子様がおいしそうに食べていたら、
それにつられて一くち食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
お子様の苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

父母がそれをおいしそうに食べれば、
お子様が興味を持って食べるかもしれません。
ママが苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

食べる事中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんで食べる事をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。

ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう