レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:190519

減量を始めたけれど、
三日坊主でやめてしまったことのある人も
多いのではないでしょうか。

長続きしないで
減量に挫折してしまった人は、
どうして減量が続かないのか
もう一度考えてみましょう。

その理由は
当たり前のことかもしれませんが、
好きなことを我慢して、
嫌なこと、辛いことを無理してするからです。

これじゃあ、
やっぱり精神的に絶えられませんよね。
もちろん何ひとつ我慢せずに
減量はできませんが…

それでは、
減量を成功させるには
どうすればいいのでしょうか?

まず、
好きなものが食べたい人は
24時間のうちに一食だけ
自分の好きなものを食べる…というのはどうでしょう。

甘いスイーツが大好きな人は、
一週間に一度だけおもいっきり楽しみましょう。

一週間に一度なら
ビールの誘いを我慢することもありません。

日々続けてダイエットをするのが辛い人は、
24時間や24時間くらい休んでもいいでしょう。
でも、休みっぱなしではなくてきちんとまた始めることです。

減量には
こうでなくてはいけないというルールはありません。
自分自身でルールを決めて頑張ればいいのです。

無理な計画を立てても途中で挫折してしまい、
結局リバウンドしてしまっては、何の意味もありません。

あまり焦らずに、自分にあったペースでゆっくりと
気長に減量していくことが大切です。
そして、なるべくストレスを溜めないことです。

そうして、ふと気がつけば、
憧れのプロポーションに近づいている…
それが理想の減量だと思います。


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう