保証制度の有無を確認しよう

レーシックのアフターサービスの中でも最も重要となってくるのが保証制度となります。
レーシックを受けた後どの程度の期間無料で検診や再手術をしてくれるのかは眼科医院毎によって異なっているのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
保証制度の中でも最高のものとされるのが生涯保証となります。
期間を設けずに一生涯再治療を保証してくれるこの制度は保証制度のなかでも魅力的なアフターサービスと言えるでしょう。

 

レーシックのクリニックを比較をする上での重要な判断となるのが保証期間です。
これは後々余計な費用をかけないようにするためには非常に重要な要因となるのでしっかりと比較をしましょう。



保証制度の有無を確認しようブログ:190204

減量には
正しい減量と間違った減量があると思います。

間違った減量というのは、
やってはいけない減量、
つまり、健康に何らかの悪影響を与えてしまう
危険性のある減量です。

炭水化物や油・脂肪を一切摂らない…といった
「特定の食品や栄養素を極端に避ける減量」は、
体に必要な栄養素を摂れなくなってしまうだけでなく、
必要のない栄養素を大量に摂ることにもつながります。

逆に、
「特定の食品や栄養素を極端に摂る減量」もありますが、
こちらも同様に危険です。

例えば、
「ある食品は脂肪を燃やす」という理由で
長期間に渡ってその食品ばかりを食べる減量の場合、
そのような食品は一時的にエネルギーの消費を高める程度のものなので、
減量としての大きな効果は望めませんし、
逆に偏食となってしまい、栄養失調にもつながります。

さらに、間違った知識から、
特定の食材を通常とは違う調理方法で食べてしまい
体の調子を崩すなどの健康被害が起きることもあります。

また、
全く運動をせずに、食べる事量だけを減らして
やせようとするのも間違った減量法です。

運動をしないと体脂肪だけではなく、
筋肉まで一緒に落ちてしまいます。

筋肉が減ると基礎代謝量が落ち、
脂肪が燃えにくい体になってしまう事で、
むしろ、やせにくく太りやすい体になってしまいます。

すると、
リバウンドした時には脂肪だけが増えますので、
減量する前よりも
体脂肪の割合が増えている状態になってしまいます。

減量は正しい知識を持ち、
無理のないように計画的に行いましょう。


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう